体のきしみを改善、適度なストレッチで腰痛の痛みから開放

Low back pain

青汁の摂取

青汁はミネラルやビタミンが豊富に含まれていることで有名です。そのため青汁を飲むことで様々な栄養素を摂取することが出来、健康維持を期待することが出来ます。最近の青汁は飲みやすくなっています。

Low back pain

酸素がポイント

人間は酸素と水分がとても重要になってきます。酸素不足による様々な症状を改善するだけでなく、美容にも効果的だといわれています。酸素水を使用することによって、簡単に酸素を体の中に取り込むことが可能です。

腰痛の原因を探る

筋肉のコリによる腰痛の予防、改善にはストレッチなどが良い

Low back pain

腰痛の原因には、過度の運動による椎間板ヘルニア、背骨内部の神経が刺激を受ける脊柱管狭窄症、骨粗しょう症による圧迫骨折、筋肉の衰えによる筋肉のコリや柔軟性の低下、ストレスなどがあります。 このうち腰痛の原因の多くは、筋肉の状態によるものであると考えられています。 また、筋肉を原因とする腰痛の予防、改善には運動療法が有効であると分かってきました。 腰痛が増さない程度にストレッチをして筋肉を柔らかくほぐしたり、散歩をしたり水中を歩いたりと、継続して適度な運動をするのが効果的です。 運動療法はお金がかからず経済的な予防、改善法とも言えますし、適度な運動は他の生活習慣病の予防や改善においても推奨されているものですから、早速初めてみるのもいかがでしょうか。 もちろん、強い痛みがある場合はぜひとも専門医の診断を受けることをお勧めいたします。

腰骨の周りの筋肉に無理な負荷がかかる

背骨は脊椎とも呼ばれ、椎骨という小さな骨が首、背、腰、更に下へと縦に重なっています。 腰の部分の5つの椎骨を腰椎と言い、その周りの腹筋や背筋が腰椎を支えています。 加齢や運動不足により筋力が衰えると、姿勢も悪くなり腰の周りの筋肉に過度の負担がかかります。 すると筋肉にコリが生じたり柔軟性が低下したりして、痛みが起きることがあるのです。 また、長時間座りっぱなしであったり逆に立ちっぱなしであったりと、同じ姿勢をとり続けることも筋肉に偏った負担がかかります。 この場合は数十分に一度、伸びをしてみたり反対方向に動いてみたり、といった工夫をしてみるといいと思います。 最近の研究では、適度な運動は認知症の予防や改善につながる可能性も指摘されています。 無理は禁物ですが、気づいたときにほんの少し、いつもより多めに体を動かしてみるのもいいのではないでしょうか。

Low back pain

サプリメントを活用

ここ数年でサプリメントを販売するメーカーは増え、どのサプリメントを選べば良いか分からない方もいます。その際にはインターネットで口コミやランキングを参考にすることで良いサプリメントを探すことができるでしょう。

This template downloaded form free website templates